歯医者さんが推奨する歯の磨き方

どの磨き方が正しい?簡単で正しい歯の磨き方を覚えよう

しっかり歯磨きをしていても虫歯になるのは何故なのか

歯科医院によって、得意分野や不得意分野はありますが、歯の磨き方はどこの歯科医院でも大抵同じことを指導されると思います。
そのポイントは主に3つに分けられ、まず一つ目は歯ブラシの毛先を歯に垂直にあてるということ、二つ目は軽い力で磨くこと、三つ目は一つの歯に対して20回は磨くこと、の3点になります。
まず一つ目の点に関することですが、歯に垂直といっても、歯の面も直線ではありません。上の部分と下の部分の2つに分けて磨くとより磨きやすいかと思います。上の部分に関しては真横から垂直に当てても良いと思いますが、下の部分は歯茎の際の部分も含まれおり、特にその際の部分に歯垢が溜まりやすくなっています。垂直に当てていては、歯と歯茎の溝の部分を磨き残してしまいますので、歯の下部分は斜め45度くらいの角度で当てると丁度その部分にも歯ブラシが届くようになります。
そして二つ目の点に関してですが、これが割と難しく、一生懸命磨いているうちに、段々と歯ブラシを持つ力が強くなってしまう方が多いので注意してください。あまり強く磨いていると、歯のエナメル質が薄くなり、知覚過敏を引き起こす場合があります。
三つ目ですが、一本の歯に対して20回のブラッシングは中々時間がかかる作業です。しかし実際これだけ磨かなければ、歯の表面についている歯垢はとりきれません。朝は忙しくて時間がなければ、夜寝る前に歯磨きの時間をしっかりとるようにすると良いのではないでしょうか。

歯科医院で必ず言われる正しい歯の磨き方

毎日正しい歯磨きをしているのに、虫歯になる人とならない人がいるのは何故なのでしょうか。 そこには意外な原因があったりすることもあります。 それは歯磨きをするタイミングであったり、元々の歯質が関係していたりなど様々です。 ではどのようなタイミングでどういう点を気を付けていけば良いのでしょうか。

自分に合った歯ブラシで、きちんと手入れをしよう

歯ブラシの硬さは様々で、どれを使えば良いのかは、口腔内の状態によって変わります。 自己判断よりも、一度歯科医院で歯の状態を診てもらい、どのタイプの歯ブラシを使えば良いのかも指導してもらいましょう。 そして歯ブラシだけではなく、フロスや歯間ブラシも併用すると効果的です。

歯磨き以外で気を付けるべきこと

口腔内のケアは歯磨きだけではありません。 寝ている間の歯ぎしりや、間食などの生活習慣も大いに関係してきます。 歯ぎしりすることにより起こる弊害や、食生活の乱れと口腔内の関係性について考えていきましょう。 意外なところに虫歯や歯周病の原因があったりもするので注意してください。

おすすめリンク

渋谷の全身脱毛できるお店の数は?

渋谷では全身脱毛できるお店はどのぐらい?お店の数から施術内容や価格まで徹底比較します。

南青山でセラミック矯正ができる矯正歯科

従来の歯列矯正より安く短期間で矯正できるセラミック矯正の特徴を解説。南青山で評判の矯正歯科情報も。

海老名で現役の歯科医師に聞く!インプラントの注意点

虫歯や歯周病だとインプラント治療が出来ない?海老名の現役歯科医師が語るアフターケアの重要性。

札幌で人気のあるカウンセリングクリニック

札幌で人気のカウンセリングクリニックを教えます。薬の処方よりカウンセリングを重視したい方におすすめ!

千葉市の良いインプラント歯科医の見分け方

インプラント治療を決めるまえに、よい歯科医かどうか見分けましょう。千葉市の歯科医を比べてみました。